« 訳 | トップページ | 言葉 »

2006年5月15日 (月)

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライトに捧げる歌Cimg0556_1

(原題:So Long,Frank Lloyd Wright)   

さようなら フランク・ロイド・ライト   

あなたの歌がこんなにも早く消えてしまうなんて

私には信じられません

まだ曲さえ覚えてないのに

こんなにも早く こんなにも早く

ずっとあなたを忘れない フランク・ロイド・ライト

毎晩一緒に歌いましたね 夜が明けるまで

あんなにたくさん笑ったのは初めてでした

あんなにたくさん あんなにたくさん

多くの建築家たちがうまれ、そして去っていったけど

あなたの残したものは変わることがないでしょう

さようなら フランク・ロイド・ライト

毎晩一緒に歌いましたね 夜が明けるまで

あんなにたくさん笑ったのは初めてでした

あんなにたくさん あんなにたくさん   

この曲は1970年にサイモン&ガーファンクルが発表した大ヒットアルバム、「明日に架ける橋(原題:Bridge Over Troubled Water)」に収録されています。他の名曲の陰になって目立たない存在でありながらも、聴けば聴くほど味わいのある美しい曲です。作詞・作曲はポール・サイモンによるものです。フランク・ロイド・ライトという人物が建築の分野のみならず、幅広くアメリカ国民に影響を与えていることを伺い知ることができます。 ↓

http://www.iris.dti.ne.jp/~nickey/flw.htm   

サイモン&ガーファンクルからフランク・ロイド・ライトに入っていく、教科書や問題集では得られないものがあります。やはり興味を持つって大事なことですね。

ochaさんすみません。 「明日に架ける橋」で書いてみました。

注)写真と文字がばらばらになっていたらごめんなさい。設定が分かりません。

            

|

« 訳 | トップページ | 言葉 »

コメント

こんばんわ♪いいっすね♪
KAM さんの想いが伝わります。
かなり昔TBSで吉永小百合さんのナレーションでライト特集の番組ありましたが、シカゴ郊外のオークパークのシーンでBGMにこの歌を流していたのが印象的でした。
ワタシはFLライトが存在しなかったら間違いなく建築の世界から足を洗っていたと確信してますんで、ライトさんには足向けて寝られないです(笑)

投稿: ocha | 2006年5月16日 (火) 00時27分

ipodに「明日に架ける橋」を入れて聴いていますが、やはり影が薄い。いつの間にか曲はボクサーになっています。

私ははっきり言って、建築を知りません。ただ仕事上必要なので建築士を取ろうと思っています。でも、ochaさんの建築意匠論(だったかな?)とか読むと、なんだか自分が浅はかだとおもいます。ただ取得することに夢中になっているだけ。

建築士になってどんな価値を創造できるのかが問題じゃないのかとふと思いました。

FLライトへの入口は僕にとんでもないことをおしえてくれました。
もっと勉強しなくては。建築史や建築概論など。

>ライトさんには足向けて寝られないです(笑)
と言えるなにかが私にはない。

投稿: KAM | 2006年5月17日 (水) 00時13分

こんばんわ♪
“....と言えるなにかが私にはない。”
というなにかはたぶん
そのことに気がつくことで自然とKAMさんに見えてくるような、そんな気がします。
いろいろな建築を実体験してみては如何でしょうか?建築見学って気分転換にもなりますし、結構楽しめるかと思うのですが.......マイアーキテクトをお近くで上映してましたらご覧になってみてみては如何でしょうか?いい映画ですよ♪

投稿: ocha | 2006年5月17日 (水) 22時18分

『マイ・アーキテクト』大阪での上映日程
■大阪:第七芸術劇場
6/10~6/23
P.M.2:30~ P.M.4:35
P.M.8:30 ~ P.M.10:35
大阪市淀川区十三本町1-7-27
サンポートシティ6F
(阪急・十三駅西口より徒歩3分)
TEL:06-6302-2073
ttp://www.nanagei.com/movie/schedule.html
これに行ってきます。

投稿: KAM | 2006年5月17日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/1810677

この記事へのトラックバック一覧です: フランク・ロイド・ライト:

« 訳 | トップページ | 言葉 »