« 2006年5月 | トップページ

2006年6月13日 (火)

指針

人生には運命の試練が必ずある。

順調のみの人生のなかに、真の勝利は生まれないし、成功もない。

逆境を、また運命の試練をどう乗り越えて、大成していくかが人生である。

逆境こそ、成長と前進への最大の道であり、そのなかにこそ、本当の人生の偉業が成し遂げられる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

メタボリックシンドローム

Cimg0661 試験まであと42日か・・・。わたしは365+42=407日、いや365+365+42=772日。こう考えると気楽すぎて、モチベーションもなにもなくなるけど、このぐらいのスパンで考えてちょうどぐらいかな。

休日は犬(リキ)の散歩がわたしの日課、朝夕各1.5時間+お風呂でシャンプー(最近やたら痒がるから獣医に見てもらったらバイキンがいるとのこと)。1週間に一回シャンプーしています。子供が一人増えたぐらい大変。

1年前からタバコをやめている。そのせいか?!1年で10Kg肥えた。「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)。本当にダイエットが必要なのは、中高年男性らしい。

「体内で古いものを分解して新しいものに置き換えたり、そこからエネルギーを取り出したりすることを代謝といいいます。メタボリックは代謝という意味で、メタボリックシンドロームは、そのバランスが崩れ、エネルギー過剰の状態を指す。蓄えられた脂質は、運動でエネルギーに変えて減らすことができる。消費した以上のエネルギーを補給しなければ、脂質は減って正常に近づいていく。しかし、なかなか理屈通りに事は運ばない。ダイエットの難しさは食べるのを我慢したり無理な運動を続けることではなく、必要なものをおいしく食べながら、いかに日常生活で体を動かす習慣をつけるかにある。」

ダイエットという言葉には、本来、「政策」「方針」といった意味がある。生き方の問題なのである。

リズム正しい生活をしようとの「方針」で食事、運動、睡眠などを改善し、健康で充実した日々ではつらつと活動しましょう。

建築士の勉強する以前に運動が必要なわたしです。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006年6月10日 (土)

エレベーター事故

シンドラー社製エレベーターが急上昇し、高校生が床と天井の間に挟まれ死亡した事故が毎日ニュースで取り上げられている。都市の重要な垂直動線であるエレベーターが危機的状況におかれている。一刻も早い原因の究明が待たれる。私は不安でエレベーターに乗れない、幸い今はそれを使わずに済んでいるが、いつまでも使わないわけにはいかないだろう。くしくもH17年の法規の問題に「安全装置」について出題されている。

17091エレベーター(安全装置)エレベーターの制動装置の構造は、かごが昇降路の頂部又は底部に衝突するおそれがある場合に、自動的かつ段階的に作動し、これにより、かごに生ずる垂直方向の加速度が9.8m/s2を、水平方向の加速度が5.0m/s2を超えることなく安全にかごを制止させることができるものでなければならない。 Ans○

原文:令129条の10(エレベーターの安全装置)エレベーターには、制動装置を設けなければならない。

2.前項のエレベーターの制動装置の構造は、次に掲げる基準に適合するものとして、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものとしなければならない。

一.かごが昇降路の頂部又は底部に衝突するおそれがある場合に、自動的かつ段階的に作動し、これにより、かごに生ずる垂直方向の加速度が9.8m/毎秒毎秒を、水平方向の加速度が5.0m/毎秒毎秒を超えることなく安全にかごを制止させることができるものであること。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ