2006年6月10日 (土)

エレベーター事故

シンドラー社製エレベーターが急上昇し、高校生が床と天井の間に挟まれ死亡した事故が毎日ニュースで取り上げられている。都市の重要な垂直動線であるエレベーターが危機的状況におかれている。一刻も早い原因の究明が待たれる。私は不安でエレベーターに乗れない、幸い今はそれを使わずに済んでいるが、いつまでも使わないわけにはいかないだろう。くしくもH17年の法規の問題に「安全装置」について出題されている。

17091エレベーター(安全装置)エレベーターの制動装置の構造は、かごが昇降路の頂部又は底部に衝突するおそれがある場合に、自動的かつ段階的に作動し、これにより、かごに生ずる垂直方向の加速度が9.8m/s2を、水平方向の加速度が5.0m/s2を超えることなく安全にかごを制止させることができるものでなければならない。 Ans○

原文:令129条の10(エレベーターの安全装置)エレベーターには、制動装置を設けなければならない。

2.前項のエレベーターの制動装置の構造は、次に掲げる基準に適合するものとして、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものとしなければならない。

一.かごが昇降路の頂部又は底部に衝突するおそれがある場合に、自動的かつ段階的に作動し、これにより、かごに生ずる垂直方向の加速度が9.8m/毎秒毎秒を、水平方向の加速度が5.0m/毎秒毎秒を超えることなく安全にかごを制止させることができるものであること。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月15日 (月)

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライトに捧げる歌Cimg0556_1

(原題:So Long,Frank Lloyd Wright)   

さようなら フランク・ロイド・ライト   

あなたの歌がこんなにも早く消えてしまうなんて

私には信じられません

まだ曲さえ覚えてないのに

こんなにも早く こんなにも早く

ずっとあなたを忘れない フランク・ロイド・ライト

毎晩一緒に歌いましたね 夜が明けるまで

あんなにたくさん笑ったのは初めてでした

あんなにたくさん あんなにたくさん

多くの建築家たちがうまれ、そして去っていったけど

あなたの残したものは変わることがないでしょう

さようなら フランク・ロイド・ライト

毎晩一緒に歌いましたね 夜が明けるまで

あんなにたくさん笑ったのは初めてでした

あんなにたくさん あんなにたくさん   

この曲は1970年にサイモン&ガーファンクルが発表した大ヒットアルバム、「明日に架ける橋(原題:Bridge Over Troubled Water)」に収録されています。他の名曲の陰になって目立たない存在でありながらも、聴けば聴くほど味わいのある美しい曲です。作詞・作曲はポール・サイモンによるものです。フランク・ロイド・ライトという人物が建築の分野のみならず、幅広くアメリカ国民に影響を与えていることを伺い知ることができます。 ↓

http://www.iris.dti.ne.jp/~nickey/flw.htm   

サイモン&ガーファンクルからフランク・ロイド・ライトに入っていく、教科書や問題集では得られないものがあります。やはり興味を持つって大事なことですね。

ochaさんすみません。 「明日に架ける橋」で書いてみました。

注)写真と文字がばらばらになっていたらごめんなさい。設定が分かりません。

            

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

結論から先に言うと「今年は受験しません」

GW前からずっと悩んでいました。

医者と相談し、奥さん、子供たちとも話し合いました。

もがき苦しみましたが、結果、見送ることにしました。

理由は何点かありますが・・・

1.48歳は肉体的に非常にきつい。(ブログを見ると同世代もおられるようだが)

2.ペンギン先生の言われる、受験生戦争に負けました。今後の一級建築士受験生戦争に求められるものは,「戦う前に戦うフィールドの仕組みというものをきちんと分析・把握した上で,学習戦略を組み立てられる能力」に他なりません.

3.過去15年の問題を理解することは、半年程度では無理です。GWまでにできたこと、計画○×100%・構造計算と文章題○×100%・施工○×50%・法令集線引きのみ(鉛筆)90%・音声4回転でした。GWから残りを3回転させることは物理的に無理です。この状態で学習戦略を組み立てることは私にはできません。体力もない。

4.zapopさん Raynoさん達からたくさんのコメントを頂いて、そのたびに前向きに進んできましたが、やはりブログファイター達は20代・30代でエネルギッシュですね。圧倒されました。僕もそんな時代があったんだけど。年をかせねるたびに、意識はあっても体がついてこないことがあります。たとえば法令集の文字が読めないとか。老眼で!これって、言い訳じゃないけどほんとに辛い。メガネをつけたりはずしたり・・・

というわけなんですが、今日zapopさんからコメントをもらって、その中で言葉を送って頂きました。

「人間は負けたら終わりではない。
やめたら終わりなのだ」 
          リチャード・ニクソン

なにか、僕のことを知り尽くしているみたいですね。負けましたが、まだやめてはいません。僕のできる範囲で建築士を目指して進みます。

ブログは僕に、いろんなことをおしえてくれました。これからも続けたい!

今回受験はしないけど、ブログ大賞に参加してもいいですか?「田嶋さん」

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

申込書 白紙のまま・・・

Cimg0533_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

言葉

モチベーション?

建築が好きなこと。

KAM

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月28日 (金)

両立

テンションさがりまくり。少し休憩も必要かなと。

無理の効かない年齢です。

睡眠時間取れないと眠くて仕事ができない。

仕事と勉強との両立が非常に難しい。

これを克服しないと合格はないと。

分かっていても、できないものはしょうがない。

焦っても仕方ない。少しづつやろう。

そのうち元気になるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

受験申込書

奈良県建築士会から受験申込書を入手。

受験総合案内書 1,200円(高い)買う。(奥さん)

受付は5月8日から。GWに仕上げよう!

やっぱり、これ出さないと落ち着かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

GW

法令集の線引き(鉛筆)が、法規のウラ指導530Pまできた。なかなか進まない。カスタムの準備まで、もう少し。とにかく早く終わりたい。

「合格物語」の法規のボリュウムかなりあるし、目処が付かないけど、やるしかない。

GWがターニングポイントか~

「終わらせる」「自分時間」「予定」・・・

自分は自分以外にはなれない。

自分自身の花を咲かすだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

焦燥感

ブログファイターたちの進捗状況と自分を比較すると相当遅れている。

連休までに一回転できない。5月・6月の予定が立たない、

というか間に合わない。あまりにも歩みが遅かった。

と言ってここで立ち止まることはできないし。

開き直って来年のために頑張るか。

皆さん何回も経験されているようだし。

否、弱音を吐いている場合か。

『前進』や。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

児童公園

Cimg0219 計画概論(都市計画)05243「近隣公園」とは、

近隣住区ごとに誘致距離500m範囲内に設け、

「街区公園(児童公園)」は、近隣区分ごとに

          誘致距離250mの範囲内に設けることを標準とする。

「街区公園(児童公園)」は良く見かけるが「近隣公園」はなじみがない。

※汚い看板(写真)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧